化石部の父


化石部の父のブログです。 よろしかったらコメントもお願いします。「化石」はほとんどなくなっちゃったので、「化石」で来た方、ごめんなさい。
by 化石部(父)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
waniosさん 時の..
by kasekibunotiti at 07:08
家系はラーメンを食べ始め..
by wanios at 16:40
waniosさん、 さす..
by kasekibunotiti at 12:09
waniosさん なんで..
by kasekibunotiti at 07:52
ここはコク旨冷やし担々麺..
by wanios at 10:51
もう25年以上前 はじ..
by wanios at 10:48
ペコさん、 確かにこの..
by kasekibunotiti at 06:39
いま、ライクハウスの鰻丼..
by ペコさん at 05:43
通りすがりさん、 どう..
by kasekibunotiti at 19:21
悪意がありますね。
by 通りすがり at 09:48
最新の記事
以前の記事
タグ
カテゴリ
検索
ブログパーツ
画像一覧

今日は、一回休み

今日は、巡検記録一回休みです。
これをご覧のみなさんは、かたつむり、
まわりにいる奴、「どっち巻」ですか。 と言われても・・・でしょうか?
かたつむり、右まきと左まきが、あります。
これ、いつもお世話になっているFrさんが
教えてくれました。
私自身は、教えてもらうまで「かたつむり」はただ「かたつむり」で
右も左もありませんでした。
広く日本で生息しているのは、右まきだそうですが、
私の家の近辺では「左巻き」が、結構います。
a0114853_2311957.jpg

下にぼんやり写っているのが私の左手です。
手をグーにして、上から見たとき、
かたつむり本体と、手の親指の向きが同じ奴が
その巻です。
私の左手のうずまきの方向と、かたつむりの巻きがおなじですから、
こいつ、「左巻き」です。

内容伝わりましたでしょうか・…?

次回は「メガロドンのかけら」の予定です。

# by kasekibunotiti | 2009-05-20 22:58 | えっ、そんなものも | Comments(0)

なんかの 卵 でしょう。

またもや、ビチコネタ になってしまいます。
ご一緒させていただいたOtさんが最初に見つけました。
この「オレンジ」なに?って。

a0114853_2191829.jpg

ほんと、この「オレンジ」なに?

きっと、何かの卵でしょうね。
海藻にしっかりくっついています。
教科書の「DNA」がこんな感じでしたよね・・。

いっぱい水中に浮いてました。

「二杯酢」か何かで
「つるっ」といったらもしかして、
美味いんじゃないでしょうか・・って思いました。

# by kasekibunotiti | 2009-05-18 21:11 | ビチコ | Comments(0)

化石の巡検なのに ビチコ

次の日。
巡検なのに、海沿いだったので、つい・・・・。

露頭も見ますけど、やっぱり漂着ものも気になります。
いろいろ、いろいろ、つい、手に取ってしまいます。
これはこれで、ほんと、気を取られてしまいます。

a0114853_18284235.jpg

こんなのも見つけました。
真中が、筒状になっていて、焼き物でできています。
珍品なのやらど~やら・・?こんなの初めてみました。
網のおもり か何かでしょうか・・。

これの、小っちゃいやつも一個だけもありました。
それとあと、こんなのも。
まとめて記録撮影です。
a0114853_18292973.jpg

こんなでっかい巻貝とかは、新潟の浜では見つかりません。
ガラス浮きの破片も、おもりも、でか巻貝も
みんなうちの部の財務担当が発見しました。

うちの部の財務担当、結構頼りになる「ハンター」でして・・・。

# by kasekibunotiti | 2009-05-16 18:39 | ビチコ | Comments(4)

この日の〆は、ホタテだらけ

この日の〆は、
能登半島に向かう途中。
土地勘がなかったため、いまいち場所が
わからないのですが、
能登半島の付け根あたりから、
半島に入ったほうでしょうか・・・。

a0114853_20554929.jpg

こんな、「いかにも」風の崖の下、
ホタテのからが、ごろごろしている現場で、
サメの歯探して、フルイをふるいましたが、
サメの歯は、出てきてくれませんでした。

出雲崎ではお宝のホタテの殻が、
ゴ~ロゴロ。でも、これだけあると、
結局「ふ~ん」みたいになって、
その場その場で変わっちゃいます……。

# by kasekibunotiti | 2009-05-14 20:56 | 化石 | Comments(0)

ノジュール ご存知ですか?

「化石」と言えば、「ノジュール」です。
これは、「たらちねの」といえば「母」みたいなもので・・・。

ところが、新潟県を主なフィールドとする我が化石部は
表面採取か河原の転石割り、
あるいは、ちからまかせの石灰岩叩き割りなどなどが
主な採取活動で、
一般の化石採集ハンドブックにあるような
「ノジュール」というものに、トンと縁がありませんでした。
なので、ハイハイ表面採取の次の現場で、
急に「ノジュール」とりましょうって言われて、
まじ、戸惑ってしまいました。
(ほんとのノジュールたぶん見たことありません、って)。

小さいものから、大きいものまで。
ガキガキわったら、こんなの出ましたけど~~~~。
a0114853_21221737.jpg

上の方にあるつやつやの ボツボツ のところ、
これきっと、「カニの腕」ですよね。
「ハサミの次の腕の部分」を想像させます。

化石部財務担当のひとは、お金の管理をがっちりしてくれていますが、
そのほか縫物とかの担当もしています。
いま、いらない部分をタガネとハンマーでコンコン取り除く
「クリーニング」のため、叩くための土台となる砂の袋「サンドバック」を
お願いしています(なかなかできません)。

「サンドバッグ」ができたら、
「まぼろしザメのゴリゴリの歯」のクリーニングの次に
この「カニの腕」の全貌をお見せしたいと思っております。
晩酌の合間なので、当然進みが遅くなりますから、
そのおつもりで、ごりょうかいおねがいします~~。


巡検記録その④です。

# by kasekibunotiti | 2009-05-13 21:30 | 化石 | Comments(0)

ハイハイ の結果は・・・。

巡検記録その③です。
昨日は表採の様子をお見せしましたが、
それで、どんなのが見つかるの?って
思っていただいた方もいると思います。

表採は
結構過酷で、夏は汗がぼとぼと流れ落ちます。
砂ぼこりが体にまとわりつきます。
軍手がないと、礫が手に刺さります。
でも、軍手をしていると小さいものが拾えません。

で、見つかったものは、
a0114853_19224529.jpg

こんな感じです。
メジロザメ以外のものも見つかりますが、
この場所で一番多いのは
「メジロ」です。

手前のぼんやり赤いのがボールペンですから、
すげえ ちっちゃい んです・・。

# by kasekibunotiti | 2009-05-12 19:24 | 化石 | Comments(0)

聖地へのおいのり じゃなくて・・・。

これです。
a0114853_227570.jpg

手前が部長で、奥がいつもお世話になっているOtさんです。
同じ方向を向いて、手をついていますが、
土下座ではありませんし、
聖地に向けてのお祈りでもありません。

表面採集、いわゆる「ひょうさい」というやつです。
ひょうさいは、じっくりと地面を眺めつつ、ハイハイします。
地道に、地道にさぐっていると、
砂や土のなかに、エナメル質のやつ=「サメの歯」が
「ツルピカ」光るのです。

灼熱の夏には、クラクラしますが、
幸いゴールデンウィークはまだまだ、風がさわやかです。
これを、今回の巡検レポートその②
とさせていただきます。

Otさんにも、出演頂きました。ありがとうございます。
この現場には、カモシカの足跡も残っていました。
(写真がないのですけど、すみません・・・。)

# by kasekibunotiti | 2009-05-11 22:08 | 化石 | Comments(2)

巡検記録 その1

部長たっての希望で、前回の巡検の記録は
サメの歯からお見せしましたが、
最初に行った場所は、富山県の八尾の川原でした。
a0114853_10594591.jpg

今までは見たことのない、大きめの貝が入った
ブロックです。
ほとんどは絶滅種だとか・・・・。

これも同定が必要です。
いま、クリーニングが易しくなるように
庭で風化させています。
(けして、放りだしてあるわけではないのです・・・・・・。)
あとできれいになったものも、お見せできるのではないでしょうか、おそらく・・・。

# by kasekibunotiti | 2009-05-10 11:01 | 化石 | Comments(2)

サメの歯 の続き②

また、少しあいだが開いてしまいました。
先回の能登巡検では、
結構たくさんのネタを仕入れてきたのですが、
なぜだか筆が(キーボードが)すすみません。
ところで、前回・前々回にお見せしたのは
アオザメの歯です。
そのほか、同じ場所では
メジロザメ、シロワニ、ホホジロザメ(のかけら)
の歯が見つかりました。

ところで、今日は
サメの歯は種類によって上の歯と下の歯の
形が大きく違う写真をお見せします。
たぶん「メジロザメ」系のサメのあごと思います。
購入したもので、うちの部室の入口にぶら下がっています。
こっちが上で
a0114853_12315543.jpg



a0114853_12322434.jpg

こっちが下です。
結構歯の形が違いますよね。

「アオザメ」のほうはこれから調べて、
前回・前々回の歯がどの辺の歯か
お伝えできればと思います。
一応、乞うご期待です。

# by kasekibunotiti | 2009-05-09 12:37 | 化石 | Comments(0)

サメの歯 の続き①

サメの歯です。
a0114853_10562470.jpg

歯の下は、また私の手です。
(生命線以外にも気になるラインがありますか?)

この歯は残念ながら、昨日アップした部長の歯のように
「歯根」という部分がありません。
あと、形が昨日のような二等辺三角形ではなく
少しカーブしています。
サメの歯は、「上の歯」と「下の歯」・
「前歯」と「奥歯」で形が大きく違います。
種類が多くて勉強不足なため、
昨日の歯と今日の歯が
上の歯か下の歯かわかりませんが、
昨日の歯は「前歯」で、
今日のやつは「奥より」と思います。
多分合っています。

コメントよろしくお願いたします。

# by kasekibunotiti | 2009-05-06 10:57 | 化石 | Comments(0)