化石部の父


化石部の父のブログです。 よろしかったらコメントもお願いします。「化石」はほとんどなくなっちゃったので、「化石」で来た方、ごめんなさい。
by 化石部(父)
最新のコメント
ペコさん、 私は洋風カ..
by kasekibunotiti at 09:39
おお!玄関メヌーに「洋風..
by ペコさん at 05:57
ペコさん、   そう..
by kasekibunotiti at 21:39
三条は、いまだにお祭りが..
by ペコさん at 08:02
ろっかくさん、 この冬は..
by kasekibunotiti at 08:04
ワンダフルK、子供の頃見..
by ろっかく at 19:49
ペコさん、これまた、 ..
by kasekibunotiti at 18:53
SHIGE師匠、 本当..
by kasekibunotiti at 18:47
すんげぇオーバーハングで..
by ペコさん at 05:54
食レポばかりで、ビチコの..
by beachcomberjp at 14:23
最新の記事
ブタシャモジ
at 2017-05-30 07:00
 「ペイザンヌ」に またまた
at 2017-05-27 05:14
肉味噌らーめん。
at 2017-05-26 05:59
トミカで知る マイナーチェンジ
at 2017-05-23 05:06
おまつりでした
at 2017-05-21 05:23
花が 咲き始めましたねえ
at 2017-05-20 10:22
先週末の がっかり ラーメン‘S
at 2017-05-17 05:57
久しぶりの 海
at 2017-05-16 05:56
七尾のでか山
at 2017-05-12 05:03
名物 その3
at 2017-05-11 05:48
以前の記事
タグ
カテゴリ
検索
ブログパーツ
画像一覧

このハートは 誰のため @福楽

a0114853_1843636.jpg



じゃなくて

こっち!!
a0114853_1851615.jpg



ゆえ有って、
三条の名店の一つ「福楽」にて

ラーメン食べてきました。

悔いの無いように
チャーシューめんの大盛り !!


a0114853_1881484.jpg

 800円+150円=950円。
  なので、千円出してもおつりは50円です。当たり前です。

あとは、
呪文のように「半々」と、唱えました。



で、こちら。
「わかめ」と「菜っ葉」をお伴に
出てきました!

a0114853_18104940.jpg





スープはこんな感じ。

a0114853_1811491.jpg



食する前のルーチンで
わかめと菜っ葉を食べてから、

やおら、チャーシューの隙間から
 麺を 引き出してみました!

a0114853_18112713.jpg



a0114853_18123596.jpg






で、
濃厚なスープと
麺と、何ともぶといメンマを交互に、

a0114853_18152313.jpg




チャーシューは柔らかいので、
麺と一緒にすすりこむ感じで
一気に平らげてみました!!

a0114853_1815282.jpg





実際「半々」ていっても
良くわからぬまま
食べてしまいましたが、
柔らかチャーシューはうまいです!!!



で、最後。
フィニュッシュに向けていたところで、
動物系やら野菜やらが
がっちり溶け込んだ濃厚スープに浮かぶ

「ハート」。。

a0114853_18154879.jpg




ラーメンを食べていますと
どんぶりに、時折垣間見える
 「小宇宙」
色々なものが
色々なプロセスを経て
生み出される 1杯のロマン。。

a0114853_18161495.jpg




たぶん、あまりに美しいので
カップルで食べると幸せになれるとも言われている、
これがその ハート かもしれません。


a0114853_18162740.jpg









これだから
ラーメンはやめられませんねえ。。

 

by kasekibunotiti | 2016-06-26 05:59 | たべもの・料理 | Comments(2)
Commented by よこ at 2016-06-26 09:07 x
福楽行ってないですね、色々な所で意味深な書き方を見かけますがもしかしてなのでしょうか?
Commented by kasekibunotiti at 2016-06-26 09:31
よこさん、
その件は、
お店でも何の気配も無かったですが


SJO市のKSD市長さんのブログを
読む限り
そうなんだろうなあと
確信しました。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< しこたま アゲイン!! @燕三条庵 この前の海 >>